スルフォラファンとは?ブロッコリーに隠された効果を探る!

ブロッコリーメイン画像

スルフォラファンは一般的にはまだあまり知られていない成分ですが、実はメタボの予防・二日酔いの軽減・ピロリ菌の除菌(胃がん予防)・花粉症抑制などの様々な効果が報告されているすごい成分なんです。

このサイトでは、そんな日々の健康作りに役立つスルフォラファンについて簡単に分かりやすく紹介したいと思います。

スルフォラファンって何だろう?

2つのブロッコリー画像

スルフォラファンとはブロッコリー・カリフラワー・ケール・芽キャベツなどのアブラナ科の野菜に多く含まれる成分です。

このスルフォラファンはアブラナ科の様々な野菜に含まれていますが、 中でもブロッコリースプラウトというブロッコリの新芽(かいわれの様なもの)には多くのスルフォラファンが含まれています。 

そのため、スルフォラファンの摂取を考えた場合はブロッコリースプラウトを食べるのが効率が良いです。

1997年にジョンズホプキンス医科大学(米国・メリーランド州ボルチモア)のポール・タラレー博士によって、ブロッコリースプラウトに含まれるスルフォラファンがガン予防効果を持つことが学会で発表されました。それを受けて、アメリカでブロッコリースプラウトの一大ブームが起きました。

ブロッコリースプラウト・スルフォラファンのもたらす4つの効果とは!?

4つのブロッコリー

スルフォラファンを含むブロッコリースプラウトは、すでに多くの健康に役立つ効果を持っている事が確認されています。

抗酸化作用でお肌の老化を防ぐ!

お肌を若々しく保つためには、その原因となる活性酵素を防ぐ必要があります。

ポリフェノールやカテキンに抗酸化作用があるのは有名ですが、 スルフォラファンにも抗酸化作用があります ので、これからは積極的に摂取したい成分だと思います。

体の解毒作用をさらに高める!

がんの原因となる発がん性物質と戦う力は、本来人の体には元々備わっているものです。

 スルフォラファンにはこの解毒する力を高める効果がある とされており、現在とても注目度の高い研究分野です。

内臓脂肪の蓄積も抑えてくれるかも!?

ブロッコリースプラウトにはスルフォラファンを高濃度に含む商品があり、その商品は日本では村上農園という会社が販売を行っています。

昔からカイワレなどのスプラウト製品の生産に力を入れていた村上農園さんですが、その村上農園さんの研究結果によると、ブロッコリースプラウトは 高脂肪食摂取時の内臓脂肪蓄積を抑制する効果がある との研究成果が出ているようです。

ブロッコリー スーパースプラウトを摂取することで高脂肪食摂取時の内臓脂肪蓄積が抑制されることが動物実験で明らかになりました。内臓脂肪が蓄積されると動脈硬化疾患のリスクが高くなります。
高脂肪食を摂りながら内臓脂肪の増加を抑制できる可能性を示した研究成果が出たことで、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)予防に期待が高まっています。(村上農園と城西大学薬学部・太田篤胤教授の研究より)

引用:村上農園(スルフォラファンとは?)

まだ動物実験の段階だとは思いますが、これからの研究にとても関心を集める分野ですね。

アレルギー体質(花粉症)の改善にも効果がある?

東京大学とカゴメ(株)が行った共同研究でブロッコリースプラウトのエキスで 花粉症を抑制する効果 が確認されています。

カゴメ株式会社総合研究所(栃木県那須塩原市)は、東京理科大学薬学部薬学科(千葉県野田市)谷中昭典教授との共同研究で、ブロッコリースプラウトから熱水で抽出したエキスに花粉症を抑制する効果があることを、動物を用いた試験で確認しました。

引用元:カゴメ、東京理科大学との共同研究

こちらもまだ動物実験レベルですが、将来的にブロッコリースプラウトのエキスを使って花粉症を抑制する事が出来るといいですね。

カゴメ 植物性サプリメントスルフォラファン

このように長い間スルフォラファンの研究に力を入れているカゴメですから、当然植物性サプリメントスルフォラファンもすでに商品化しています。

後述するように、スルフォラファンはブロッコリースプラウト等から摂取する事が出来ますが、いちいち買いに行くのが面倒・近所でブロッコリースプラウトが売っていないという方は植物性サプリメントスルフォラファンを利用してみるのもいいと思います。

多くの人にとって馴染みのある『カゴメ』が発売していますので、その製品の品質や信頼性はかなり高いと思います。

ブロッコリースプラウトの効果的な食べ方

ブロッコリースプラウト

スルフォラファンはブロッコリーよりも、ブロッコリースプラウトに多く含まれているため、スルフォラファンの摂取を目的にする場合はブロッコリースプラウトを食べるのが効率がいいと思います。

スルフォラファンの一日の摂取量は30mg以上が理想

スルフォラファンは少量ではあまり効果が発揮されないと考えられています。

そのため、スルフォラファンの様々な効果を効率的に得ようと考えるなら一回約30mgのスルフォラファンを摂取するのが望ましいとされています。

しかし、3日に一度でOKなんです!

「でもブロッコリースプラウトを毎日毎日食卓にあげるのは大変!?」という貴方、ご安心ください。スルフォラファンを摂取すると、 その効果は3日ほど持続する と言われています。

そのため、毎日毎日頑張ってブロッコリースプラウトを食べる必要はないので、日々の食生活には取り入れやすいお野菜だと思います。

ブロッコリースプラウトを温めるのはNG!?

純粋にブロッコリースプラウトを美味しく食べるためならどんな調理法でも構わないのですが、加熱してしまうとスルフォラファンの効果が期待できなくなってしまいます。

厳密に言うとスルフォラファンは熱には強いのですが、スルフォラファンと関係するミロシナーゼという酵素が熱に弱く、このミロシナーゼが熱によって壊れてしまうとスルフォラファンの効果を期待する事が出来なくなってしまいます。

そのため、スルフォラファンの摂取目的でブロッコリースプラウトを食べる時は、なるべく熱を入れないで(目安は40℃前後まで)生で食べるのがおすすめです。

まだまだあるよ! ブロッコリーのその他のすごい力!

色違いのブロッコリー

ブロッコリーはスルフォラファンの他にも様々な健康に役立つ成分が発見されています。

ブロッコリースプラウトに育毛効果!?

近畿大学薬学部と、株式会社リーブ21の共同研究により ブロッコリースプラウトエキスが育毛に効果がある と発表されました。

この度、我々の研究結果から抗酸化食物として注目されるブロッコリースプラウトに、育毛効果が期待できることがわかりました。今回の実験では、ブロッコリースプラウトエキスが、毛髪の成長シグナルを調節する毛乳頭細胞の分裂を促進し、遺伝子を活性化するという結果を得ました。

引用元:近畿大学(PRESS RELEASE)

残念ながらブロッコリースプラウトのどの成分が発毛に効果があるのかまではまだ特定できていない様ですが、これからの研究に期待がかかる分野です。

免疫細胞を活性化させるブロリコ!?

最近では東京大学とイマジングローバルケア社が共同で発見したブロリコという成分が注目されていますね。

このブロリコは主に免疫細胞を活性化させる成分ですが、すでに20011月に臨床試験も行われており、一ヶ月の臨床試験で平均10%程度のNK細胞の活性化が確認されているようです。

ブロリコに関する資料の提供も行っているので、詳しく知りたい方は資料請求してみるといいですね。

スルフォラファンについてのまとめ

ブロッコリースプラウト

ここまで見てきた通り、スルフォラファンには健康に役立つ様々な効果が確認されています。

特にブロッコリースプラウトの成分とその効果については、様々な教育機関や企業が研究を重ねており今注目のお野菜ですね。

今のところ副作用等は報告されていないため、気軽に日々の食生活に取り入れ安い食材だと思います。

ブロッコリースプラウトは最近ではスーパーなどでも取り扱いをしているため、比較的簡単に手に入れることが出来ます。3日に一度ブロッコリースプラウトを食卓に登場させて、スルフォラファンの持つデトックス効果の恩恵を受けてみてはいかがでしょうか?

食事に気を使うのはめんどくさい!という方はスルフォラファンのサプリもありますので、サプリを使って日々の生活にスルフォラファンをプラスしてみるのがおすすめです。

ディープクレンジングラボ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする